21歳男子大学生のLINEのセフレ経験談

良い時代になりました。
インターネットが発達したことによって、人と人との距離は明らかに近くなったように思います。
今、誰もが利用しているといっても過言ではないLINEというアプリを使ってセフレをつくった時の話をしようとおもいます。

LINEで出会うのは比較的容易。
LINE セフレ』と検索すれば見つかる専用の掲示板があるからです。それぞれが設定した個人IDを掲示板に書きこむことで、不特定多数からの連絡を待つか、こちらからコンタクトをとってみるか。
女性の書き込みにはものの数分でたくさんの男性が反応します。
なので、狙った女性と連絡を取るのはかなり難しいです。
セフレをつくることが目的であっても、最初は紳士的に接することを心掛けることが大切です。やりすぎなくらい丁寧な言葉遣いでちょうどいいでしょう。
自分を下に置くことで、相手をお姫様扱いするのです。

LINEでは、既読通知機能がついているので、見切りをつけるのが非常に簡単です。
相手にされていないと感じたのであれば、さっさと次の女の子へ狙いをつけましょう。セフレをつくりたいなら、スピードを重視しなければならないのです。

私は、とにかく女性にとって「害のない存在である」ことをアピールすることで互いの距離を縮めます。
LINEでのメッセージのやりとりさえうまく行けばセックスはほぼ確実に出来ます。
優しさと、力強さのアピールの加減が難しいですけどね。この辺については誰かに教えて欲しいくらいです。

まずは軽いデートをすることでもっと距離をつめます。
一緒に食事をするのもいいでしょう。私は、カラオケに行くことが多いです。
自慢になってしまいますが、私は歌を褒められることが多いので、カラオケにいくと女性が私を見る目が変わるのです。
その後、近くのラブホテルへと行って、楽しい時間を過ごす。
ラブホテルに入るときは、手をつないで「いい?」と聞くだけで充分です。相手もそのつもりなので話は早いです。

こうして、私は今までに4人の女性とセックスをしました。

20歳独身男性運送業のLINE掲示板経験談

LINE掲示板は使える。
彼女いない歴20年の僕がLINE掲示板を使って彼女を捕まえることができた。
僕は男子校出身なので、これまでまったく出会いがなかった。
就職した運送会社も野郎ばかりの職場で、女性と言っても事務のおばちゃんが1人いるだけだ。
出会いのきっかけがなければ彼女なんてできるわけないんだよ。
そんな僕がLINE掲示板で彼女を募集した方法は、男子校時代部活で鍛え、今も運送会社で鍛えている筋肉をウリにした方法だ。
僕はガチガチなマッチョ系ではなく、細マッチョなので需要はあると思っていた。
そうしたら案の定、僕の投稿した筋肉写メを見てレスをくれた子がいた。
もちろん、細マッチョ好きの女の子だった。
僕はこれまで女の子と付き合ったことが一度もないことを正直に話したが、 「いいね~。
可愛いじゃん」 と受け流してくれた。
僕が考えるよりもずっと彼女いない歴と年齢が合っているというのは問題ないらしい。
その後はずっとLINEでやりとりを続けた。
女の子とLINEでやりとりするなんて、高校からずっと憧れていた行為だ。
それがまずは叶った。
LINEでのやりとりを2週間ほど続けた後、じゃあ今度会いましょうということになった。
僕は、一世一代の覚悟を持って、会ったタイミングで告白をしてみようと思っていた。
このチャンスを逃してしまったら、次はいつ来るかわからない。
会って食事して、デートして、最後にバイバイする前に 「付き合ってください!」 とストレートに告白した。
彼女の返事は、 「いいよ」 だった。
こうして僕に初めての彼女ができた。